2006.4〜2007.3の雑記帳はこちら
2007.4〜2008.3の雑記帳はこちら
2008.4〜2008.3の雑記帳はこちら
2009.4〜2010.3の雑記帳はこちら

■雑記帳■

 2012年3月30日(金)
 三方館で「のまりんの紙芝居劇場」がありました。
 今年に入ってからもすでに何回も若狭町に来てくださっているのまりん、図書館に来てくれた
 子ども達も「のまりんどこー?」と、すっかりお馴染みになっています。
 2階の部屋で開かれた紙芝居は大盛況。階下にまで、子ども達の楽しそうな声が響いてきて。
 子どもは元より、付き添っていたはずの大人まで、汗を流して大笑いの楽しい1時間。
 「ああ面白かった」と息を弾ませながら、赤い顔をして出てくる子ども達の笑顔は輝いていました。

 


 2012年2月18日(土)
 三方館で「春をまつおはなし会」をしました。
 2階の部屋を一部改装したので、そちらにござを敷いて簡易のおはなし部屋を作りました。
 来月の「のまりんの紙芝居劇場」もこちらを使用します。
 絵本を3冊「いろいろおせわになりました」「ごとおべえがいく」「ちょっとだけ」
 紙芝居「おひなさまになったにんぎょう」
 外はまだまだ寒いけれど、春はもうすぐそこです。


 2011年12月28日
 今日で図書館も仕事納めです。今年もご利用くださりありがとうございました。
 大変な一年でしたが、どうか来年は穏やかに和やかに過ごせますように。
 どうぞよいお年をお迎えください。


 2011年11月12日・13日(土・日)
 パレア若狭で【ハート&アート2011】が開催されました。
 図書館でもこのイベントに合わせ、14時30分からおはなし会をしました。
 たのしい音楽付きです。
 

 絵本の読み聞かせや手遊び、パネルシアターと紙芝居をして、最後は工作。

 

 工作の後にくじ引きでちょっとしたプレゼント。

 


 2011年8月4日(木)
 毎年恒例となっている【星を見る会】が、午後7時半から公民館裏の駐車場で行われました。
 今年は10年に1度くらいの絶好の晴天に恵まれ、雲に遮られることなく土星や月を観測
 できました。
 
 

 土星は肉眼で見ると月の右上辺りに光っていて、望遠鏡で覗くと輪っかまでくっきりと見えました。
 少し時間が経つとすぐにレンズから外れた場所に移動してしまうので、その度見やすいように
 合わせてもらい、親子20名くらいの方が夜の観測を楽しまれました。


 2011年6月22日(水)
 図書館では節電対策として、電気を点ける箇所を減らしたり冷房のスイッチを入れなかったり
 しています。パレア館では、2階自習室を使用される方がいらっしゃる時のみ、2階に冷房を
 入れますので、もし図書館スタッフが使用を気付いていない場合は、お気軽にお申し出ください。
 三方館では天井の電球を、半分外しています。図書館でありながらやや薄暗い状態ですが
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


 2011年5月22日(日)
 読書講演会として、ノンフィクション作家の中村安希さんに、パレア若狭研修室で
 ご講演いただきました。
 中村安希さんは、これまでに世界65カ国を、現地密着で旅されてこられました。
 講演では、報道イメージなどで「怖い」と思われがちな中東の国々での人々のあたたかさや、
 途上国支援をする際に考えたいことなどが、
 現地の人々との出会いを紹介しながら、ユーモアたっぷりに語られました。
 会場には、町内外からおよそ50人のみなさんが来場され、
 中には大阪や兵庫からお越しになった方もいらっしゃいました。

 質問の時間には、
 「虫がきらいなのに、どうして南京虫のいるところを旅するのですか?」など、
 楽しい質問がたくさんあり、
 中村さんと来場されたみなさんとの双方向のやりとりで盛り上がりました。



 中村さんのブログでも講演会の様子は紹介されています。 ぜひご覧ください。
 ブログ名:「安希のレポート

 中村安希さんのご著書は、 開高健ノンフィクション賞受賞作『インパラの朝』や
 5月に発行されたばかりの『Be フラット』などが、 町立図書館にもあります。
 どうぞ、お読みください。



 2011年2月18日(土)
 パレア図書館カウンター前と、三方図書館入り口前に、それぞれ特集コーナーを設けております。
 パレア館ではラムサール条約5周年を記念して「水辺の生きもの 地域の環境」
 

 三方館ではお仕事特集「働くということ」をテーマに、お仕事小説など。
 それぞれ関連書籍を展示中。
 


 2010年12月18日(土)
 午後3時から、三方館で【クリスマスのおはなし会】をしました。
 絵本を4冊読み聞かせと、簡単なクリスマスカード作り。それからくじを引いてもらって、
 ちょっとしたクリスマスプレゼント。一足早いクリスマス気分になってもらえたかな。


 2010年12月17日(金)
 閉館後の夜8時から、パレア館で久しぶりに【Book cafe】を開きました。
 コーヒーとケーキを傍らに、お集まりいただいた皆さんに教えていただいた「今年オススメの
 一冊」を肴に、いろんなお話をゆっくりと聞かせていただきました。
 やっぱり、本はいいですねえ(しみじみ)


 2010年11月14日〜15日
 
パレア館でハート&アートフェスタが行われました。
 お天気にも恵まれ、パレア内はたくさんのお客さんでいっぱい。
 
 
 図書館では両日とも、読書クイズ(クロスワードパズル)や、おはなし会が行われました。


 ホールでの催しのために並ぶお客さんを、一時ジャック。 曲の演奏と共に図書館のPR。
 

 3時からおはなしコーナーで、パネルシアターや手遊び、紙芝居と絵本の読み聞かせなどをしました。
 


 2010年10月24日(日)
 
三方公民館で、全国子ども会連合会主催の「読み聞かせリレーション」が行われました。
 当日は会場が風船で飾られ、ワクワクムード満点です。
 

  

 午前中は、子ども対象の【読み聞かせパーティ】
 まず最初に、問いかけ紙芝居でつかみはOK
  

 巧みなペープサートに夢中になり、楽しいパネルシアターに釘付け
  
 
 読み聞かせや紙芝居など盛りだくさんの2時間でした。
 

 午後からは、3つの部に分かれて講習会が行われました。
 ペープサートの部                      パネルシアターの部
  

 読み聞かせの部                      最後は発表会
  
 
 プロの先生方の公演を目の当たりにして、パーティに参加してくれた子ども達もとても喜んで
 くれました。午後の講習会では直接指導していただき、大変勉強になりました。


 2010年8月19日(木)
 
滋賀県の野洲図書館に、雑誌オーナー制度について視察してまいりました。
 雑誌オーナー制度とは、図書館で購入する雑誌の中から選んでいただき、年間購入費用を
 負担していただくことで、雑誌やその書架にオーナーの広告を入れられる制度です。
 実際に行われている現場でのお話や、とても充実した野洲図書館を見学させていただきました。


 2010年8月18日(水)
 
石川県の内灘図書館協議会の方々が、パレア館に視察に来られました。ボランティアの組織や
 図書館の運営では逆にこちらが参考になることも多かったのですが、館内をゆっくりと見て回られ
 色々とご質問をいただきました。パレアや三方程度の小規模の図書館ならではの、小回りが効く
 サービスを見ていただけたと思います。


 2010年8月12日(木)
 
夜の縄文博物館で、きもだめし「ナイト・ミュージアム」が開催され、パレア館・三方館からも
 1人ずつこっそりお邪魔させていただきました。きもだめしの前の軽いおはなしタイムに、
 「おぶさりてい」のお話と、ほんとにあった怖いお話を少々。
 きもだめしでは、照明を抑えた館内を順番にひと周りしたのですが、なにやら展示物が違って
 いたり、人形じゃない人がいたり?
 熱帯夜にちょっと涼しい、楽しい催しでした。


 2010年8月7日(土)
 
「親子絵本づくり教室」の2回目です。
 前回参加してくださった方々が、家で中身を仕上げて持ってきてくださいました。
 今日は表紙作り。 中身をボンドで止めている間に子ども達はお遊びタイム。

 

 世界で一冊だけの、素敵な絵本ができました。

 


 2010年8月6日(金)
 
若狭町中央公民館で、「きみもアインシュタインになれる!」と題して、夏休み恒例の「科学で
 あそぼう会」が開かれました。
 14回目の今年は、町内の小学1年生〜6年生までの25人が参加してくれました。
 このあそぼう会は、理科の先生たちが科学のすばらしさを知ってもらおうとボランティアで毎年
 開催しているもので、美方高校や敦賀高校の生物部や科学部の生徒もアシスタントとして実験
 を手伝ってくれています。

 

 あそぼう会では、まず、液体窒素での実験が行われ、ゴムボールや花、ガスなどが瞬時に凍る
 様子が披露されました。子どもたちは、次々に起こる不思議な現象に興味深げに見入っています。
 この他にも、「冷蔵庫はなぜ冷えるのか」や「一瞬で凍る水」、「塩と氷でアイスクリームを作る方
 法」「冷却パックをつくる方法」などを学びました。
 3班に分けてそれぞれ少人数ずつで実験できたので、一人ひとりじっくりと体験できたようです。


 2010年7月24日(土)
 
今日はパレアで、「親子絵本づくり教室」の第1回目が開催されました。
 内容を自由に決めて、親子で1冊の絵本を作る企画です。2回に分けて開催し、今回は
 お話の内容と実際に中身を作っていく作業をしました。
 まず台紙になる紙を選んでどんなお話にしようかを粗方考え、中身は絵を描くか折り紙を作って貼るか、
 絵や写真を切り抜いて貼ってみようか・・・色々と考えながら進めました。

 

 できるところまで進めて、続きの第2回目で仕上げです。

 


 2010年7月18日(日)
 
梅雨明けと共にいよいよ夏休み。ぐずついていたお天気も、梅雨明け宣言からはあとは
 晴れの日が続くようになりました。
 昨日は、三方館の裏の駐車場で「星をみる会」が催されました。
 今年は土星が見られるということで、楽しみにしてくださった方も多いのではないでしょうか。
 明るい月の表面を見て(ボコボコでしたね)、金星を見て、それからいよいよ土星。
 ちゃんと輪っかまで見えて「ああ土星を見たな」と感激してしまいました。
 夜空を見上げて、夏の大三角形(ベガ・デネブ・アルタイル)や、蠍座の赤い星アンタレスを
 探しました。北斗七星から北極星を見つける方法も学びました。
 外灯が明るかったのでちょっと見辛かったですが、天の川も見えましたね。
 暑い夜には夕涼みを兼ねて、ゆっくり空を見上げて星を探すのもいいかもしれません。
 来月の12日から13日に掛けては、ペルセウス座の方角で流星群が見られるそうです。


 2010年5月31日(月)
 
三方館も、無事蔵書点検が終わりました。 書庫も含めて、あるべき場所に資料を納め
 これからはよりわかりやすい配置となるよう、少しずつ細かな整理をしていきたいと
 思っております。 休館の間、ご協力ありがとうございました。 


 2010年5月19日(水)
 
17日(月)〜20日(木)までの4日間を、パレア館の蔵書点検期間として休館案内させ
 ていただきましたが、お陰さまで作業が早く終わり、20日の木曜日から前倒しして通常
 開館させていただきます。
 たくさんの方がボランティアとして作業に加わってくださったお陰です、ありがとうござい
 ます。
 来週は24日(月)〜27日(木)までの4日間、三方館が休館いたします。こちらは資料
 の多さなどから、予定通りの期間内に終わるかどうかが危ぶまれるところです。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 


 2010年5月17日(月)
 
年に1回の作業として、今週から蔵書点検を実施いたします。
 蔵書点検とは、本の所在を明らかにするための点検作業です。
 図書館では、毎日たくさんの資料が借り出され返却されています。その管理にコンピュ
 ーターを使っていますが、書棚に並べるのは手作業ですので、時には間違った所に資
 料を並べてしまったり、中には行方が分からなくなってしまう資料もあります。
 「あるはずなのに・・・見つからない」という資料や破損の著しい資料、すでに紛失してしま
 っている資料、そんな資料を点検するのが「蔵書点検」です。

 作業は資料に貼ってあるバーコードラベルを機械で読み取るところから始まります。
 分担して1点1点読み込んでいき、作業を終えると集めたデータをコンピュータのデータ
 と照合して、行方不明の資料の一覧表を作ります。この一覧表を基に、行方不明資料
 の館内捜索を行います。
 残念ながら、年に一度の蔵書点検で、どうしても見つからない行方不明資料は必ず出
 てきます。その数を把握し少しでも減らしていけるよう努力しながら、足りない本を補う
 ためにも点検は必要です。
 蔵書点検は、利用者の皆様に快適に図書館を利用していただくために欠かせない作業
 ですので、皆様のご協力をお願いいたします。